読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brian'z Imagination

ブライアンねこの、頭の中。

Brian'z Imagination

あらゆる知恵を総動員して毎日のカフェのコーヒー代を1円でも安く済ませるための裏ワザ集

ライフ

f:id:x93mg:20160512135705j:plain

勉強をしたり、読書をしたり、手帳を開いて予定を整理したり、ブログを書いたりと、何かと毎日お世話になるカフェ
やっぱり自分の部屋と違って、すこし賑わっているくらいのほうがむしろ集中するし、これからの季節は氷のたっぷりはいったキンキンに冷えたアイスコーヒーを、エアコンが程よく効いた部屋で、リラックスするのに絶好だ
しかし、そんなカフェも、ひとつだけ問題がある。これは、大きな問題だ。それは

お金がかかる

という一言に尽きる。

カフェに通う頻度にも寄るだろうけれど、どうしても資格試験前などはお金に替えても集中できる空間がほしいし、譲れない環境ではある。しかし、一番安いコーヒーだとしても、1回につき1杯はお代を払わなければいけない

そこで今回は、「カフェでのコーヒー代を1円でも安く済ませるための裏ワザ集」と題して、総合的に考えてできるだけコストを抑えながら楽しくカフェを利用する方法をまとめてみた。
方法の中にはどんなメニューも半額で飲める方法や、直接ではないけれど結果的にコストを下げる方法など、いろんな手段をまとめてみたので、ぜひチェックしてほしい。

スターバックスコーヒー

f:id:x93mg:20160512135732j:plain

タンブラー割引を利用する

スタバのコーヒーは高い!というイメージがあるかたも多いと思うけれど、場所代も考えるとショートドリップは280円(税別)結構合理的な価格設定になっている。さらに、ドリップコーヒーの場合はタンブラーを持っていくとタンブラー割引で20円の割引が適用されるので、260円(税別)で飲むことができる。

ワンモアコーヒーで2杯目が100円

ドリップコーヒーを注文すると、レシートにワンモアコーヒーのチケットが付いてくる。これは、当日限り2杯目が同サイズ100円(税別)で飲めるようになっている。
スタバのドリップコーヒーは濃い目なので、ショートサイズでも十分満足すると思う。

スターバックスカードで5,000円以上入金する

スターバックスカードというプリペイド式のカードがある。My StarbacksというWebサイトで24時間いつでも入金ができて、オートチャージ機能がついており、万一カードを紛失しても残高補償がついてくる。店舗や季節によってカードの限定柄もあるようで、ぼくは東京限定のものと春限定の桜のカードを持っている。Web上でカードの残高を別のカードに移すことも可能だ。

このスターバックスカードは1,000円以上から30,000円まで1円単位で入金できるのだけれど、たまに店舗で5,000円以上チャージすると1杯無料のチケットがもらえるキャンペーンをやっていることがある。
この「1杯無料」というのは、1,000円以内ならサイズや種類を問わずに利用できるので、例えば1番大きいサイズのVentiでココアやフラペチーノを注文してもOKだ。
ちなみにトッピングも何でもできるので、普段注文しないような贅沢な組み合わせにチャレンジすることもできる

スターバックスカードを使い倒す

My Starbacksに登録した上でスターバックスカードを使っていると、メールでドリンクチケットが送られてくることがある。これはトッピング無料だったり、1杯無料だったりいろんな種類がある。
すごいのは、ドリンクチケットを使っていないと「まだ使っていないですよー」とリマインドメールが来ることだ。しかも、ドリンクチケットを使うとすぐにメールでお礼が送られてくる。

また、手紙とともに紙のドリンクチケットが送られてくることがある。
「My Starbucksにご登録のスターバックスカードをご利用いただき、日ごろ特にご愛顧いただいているお客様へ、感謝の気持ちを込めて、ドリンクチケットをお届けいたします。」と書かれているので、スターバックスカードを使い倒していると送られているものと思われる。

タンブラーやマイボトル購入でドリンクチケットがついてくる

タンブラーやマイボトルを購入してもドリンクチケットがついてくる。そのため多少値が張るというイメージがするタンブラーも、ドリンクチケットでVenti(一番大きいサイズ)を注文し、購入したタンブラー値引きを活用することで大きなメリットを享受することができる

ルミネ内店舗ではルミネカードを使う

ルミネの中に入っているスターバックスなら、ルミネカードを使うと5%割引が適用される。また、ルミネカードのキャンペーン期間内は、割引率は10%になる。ルミネ内にスタバが併設されているところは11店舗あるので、立ち寄った際にはぜひルミネカードを利用しよう。

アンケートレシートが出たらラッキー

f:id:x93mg:20160512142937j:plain

スタバでは、まれにこんなレシートがもらえることがある。URLを直接打ち込むかQRコードを読み取るかすると専用のアンケートサイトに飛ぶので、簡単なアンケートに答えるとドリンク引き換えIDが発行される。この番号をレシートの□□□□□に書き込んで、レジに持っていくと、トールサイズのドリンクならなんでも1杯無料で注文することができる

ただし、ドリンク引き換えには有効期限があるので注意。ぼくは1回だけ有効期限を切らしてしまったことがあるのだけれど、どこか悔しい気持ちになる。

年始には福袋を!

2016年のスターバックスの福袋は【3,500円(税込)】と【6,000円(税込)】の福袋があったけれど、それぞれにさまざまなスタバのグッズと税抜610円まで使えるドリンクチケットが4枚ついてきた。グッズまで考えるともとが取れる気がするので、年始の福袋は狙ってみるといい。

タリーズコーヒー

f:id:x93mg:20160512135753j:plain

タンブラー割引を利用する

タリーズも、スタバ同様にタンブラー割引がある。タリーズの場合はコーヒーは税込表示になっているが、税抜価格から30円割引でドリンクを飲むことができる。

ワンモアコーヒーで2杯目が150円

こちらもスタバと同じようなサービスになるけれど、本日のコーヒー・アイスコーヒー・水出しアイスコーヒーを注文した場合、当日に限り2杯目が150円(税別)で飲める。スタバと違って同一店舗でしか適用されないのが注意点だけれど、差額を払えばサイズアップやカスタマイズもできる。

タリーズカード利用で10円OFF

タリーズでは、タリーズカードというプリペイド式のカードを用意している。タリーズカードを使えばドリンクが10円引きになるので、タンブラー割引とセットで使うと40円引きになる。

タリーズカードで3,000円以上入金する

スタバでも同様のサービスを見たけれど、タリーズでは3,000円以上入金するとドリンクチケットがもらえるキャンペーンをたまにやっている。ただし、スターバックスでは1,000円以内のドリンクは何でもOKだったけれど、タリーズはショートサイズ限定だ。

ルミネ池袋内店舗ではルミネカードを使う

スタバと同様の方法で、ルミネ店舗でのルミネカードの決済なら安くなるけれど、残念ながらルミネ内に併設されているタリーズは今のところ池袋にしかない。池袋に寄った際はこの方法が使えることを憶えておこう。

年始には福袋を!

2016年のタリーズの福袋「ハッピーバッグ」は、【3,000円(税込)】【5,000円(税込)】【10,000円(税込)】の福袋が販売されたけれど、それぞれにドリンクチケットが5枚・8枚・20枚入っていた。グッズも可愛いものが多いので、年始に狙ってみるのはどうだろうか。

ドトールコーヒー

Tポイントカードでポイントを貯める

ドトールではTポイントカードが利用できるので、税込割引後金額に対して100円利用につき1円分貯めることができる。また、10ポイント=10円から10ポイント単位で利用することもできるので、ポイントが貯まったら利用してみよう。

ドトールバリューカードを使い倒す

ドトールでもいよいよ始まったドトールバリューカード。発行時に300円の手数料がかかるけれど、300ポイント加算されている。プリペイド決済すると、通常でも5%、年間利用額が2万円以上だと翌年7%、5万円以上だと10%という高い還元率を誇る。フードやコーヒー豆の決済にも利用でき、毎週1,000円ちょっと利用していればあっという間に年間5万円使うことになるので、ドトールをよく利用するならこの方法がオススメだ。

エクセルシオールカフェ

f:id:x93mg:20160512140702j:plain

Tポイントカードでポイントを貯める

エクセルシオールカフェは最近店舗の改装をどんどん進めており、コンセントが使える席も増えたが、モーニングメニューなどが若干高くなり、高級路線へ転換してドトールとの差別化を図っている。

エクセルシオールもドトールと同じ系列なので、Tポイントカードが利用できる。100円利用につき1円分貯めることができる。ポイントが貯まったら利用してみよう。

タンブラー割引

タンブラー持参で20円割引になる。

楽天カフェ

f:id:x93mg:20160512141046p:plain

楽天カード利用でドリンク50%OFF

まだ渋谷と二子玉川にしかない楽天カフェだが、近くに寄った際にはぜひ利用したい。
Wifiと電源完備、23時まで営業しているので、大変ありがたい。Koboも設置されていて、電子書籍が読み放題になっている。
二子玉川店は楽天社員の巣窟となっているが、渋谷店はあまりカップルや友人同士の客がおらず、おひとり様でパソコンを持ち込む客が多いので、比較的静かで、平日はそんなに混んでいない。
しかし、最近「ご利用は2時間まででお願いします(ニコッ)」と言われるようになって、少し残念な気持ちになっている。

ところでこの楽天カフェは、楽天カードを利用することでコーヒー・紅茶類が50%OFF(つまり半額)になる。例えば、ショートのドリップコーヒー330円は、165円というとんでもなく安い金額で楽しめる。しかも、楽天スーパーポイントが貯まるのでさらにお得だ。

楽天Edy利用でドリンク20%OFF

同じく楽天Edyを利用するとコーヒー・紅茶類が20%OFFになる。また、楽天Edyを持っていないひとは、店員さんに言えば「Edy-Rポイントカード」をもらううことができる。Edy決済ができるコンビニなども多いので、もらっておいて損はないだろう。

楽天チェックで10ポイントゲット (渋谷店のみ)

最近サービスが始まった楽天チェックを使って、来店するだけで楽天スーパーポイントが10ポイント貯まる。もちろん1ポイント1円で楽天市場などのサービスで利用することが可能だ。実質的に10円得したことになる。

ちなみに楽天カフェでは1階で楽天モバイル商品を展示しており、即日MNP(電話番号そのまま)で携帯の機種変更などもできる。

上島珈琲店

f:id:x93mg:20160512141426j:plain

なんとタンブラー持参で50円引

店舗数はそれほど多くないものの、上島珈琲店ではタンブラー持参でなんと50円引される。タンブラー割引の中で最も割引額が高い。

Cafe Veloce

f:id:x93mg:20160512141633j:plain

そもそも安いコーヒーを飲むという選択肢

特段お得に飲める、というわけではないけれど、そもそも値段が安いコーヒーを飲むというのも選択肢に入れたい。ブレンドコーヒーはなんと税込で190円という圧倒的安さ。客の年齢層が若干高めで喫煙者が多い印象だけれど、分煙・禁煙店舗も増えてきたので、選択肢に入れておきたい。

まとめ

安く済ませるなら家でコーヒーを淹れてタンブラーで持ち歩くのがいいのだろうけれど、カフェの「空間」を利用したいこともあるだろう。そんなときにこうした裏ワザを組み合わせれば、「塵もつもればなんとか」なので、長期的にみて経済的に得をすること間違いない。

ちなみに環境にもやさしいタンブラー割引は、なんとローソンでも10円引きになる。まあ場所が提供されるわけではないのだけれど、職場にコーヒーを持ち込みたいときには活躍するだろう。

今日のひとりごと

コーヒーの飲み過ぎで胃が荒れてしまった。スタバだと「ディカフェで」と注文するとカフェインレスのコーヒーを淹れてくれる。ちょっと時間かかるけれど、席まで持ってきてくれる。

そうだ!読者になろう!
ブックマークもお忘れなく!